YouTuberのマネジメント

スーツの男女

2010年代にYouTuberが仕事として注目されるようになったことで、利用価値が高まったのがタレントマネジメントです。一般的に、YouTuberというのは個人事業主であり、クリエイターとして認識されています。しかし、注目度が高く、その一挙一動に注目が集まることから、タレントとしての性質が強いということも否定することはできません。YouTuberのマネジメントを行う企業は大手から規模の小さな企業まで数が増えていて、所属するクリエイターのマネジメントを引き受けています。主なマネジメント業務は、動画編集のサポートに始まり、企業案件の斡旋や、クリエイターの人気度に合わせたテレビ出演へのサポートを行っています。

タレントのマネジメントをサポート

仕事

しかし、数年前からタレントや俳優、芸人などYouTubeへの参入が相次ぎました。普通のタレントマネジメントとは少々性質が異なることから、YouTuberのマネジメント事務所がタレント事務所と提携を結ぶことにより、YouTubeで円滑に活動することができるよう支援を行っています。実際、タレントの参入は大きな利益を生むということから、YouTuberのマネジメント事務所もタレント事務所との提携には積極的です。タレント事務所からはマネジメント料やサポートをすることで膨大な利益を得ることができることから、大手はタレントマネジメントへ舵を切ったということもメディアで報道されました。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3